日本刀

日本刀は誰でも簡単に所持できます。

よく御来店下さった御客様より、「日本刀を所持するには何か資格や許可証が要るんでしょう?」と聞かれる事がありますが、答えは要りません。刀には一振り一振り各都道府県の教育委員会にて登録がなされ、銃砲刀剣類登録証が交付されます。これによ...

大分県で保護して来た無銘の刀、里親が決まりました❕

大分県で処分されるはずだった「無銘」の日本刀。処分を依頼された刀鍛冶がもったいないと私に譲って下さいました。刀身を磨いて薄錆を落とし、ボロボロになっていた白鞘から居合刀の拵を加工して換装し、見違えるように立派になった「無銘」君。新...

大分県で処分される所だった刀を保護致しました!

処分して欲しいと刀鍛冶の元に持ち込まれた刀。無銘で鍛え傷等もあるが、試し斬り等に使えそうだったので、壊れた白鞘から居合刀の拵に換装致しました。たまたまあった居合刀を分解してみると反りがぴったりで、柄の目釘穴の位置もほぼ同じ位だった...

鎬刀身の刀に樋を彫ると反りがきつくなる。

よく見かける鎬刀身の日本刀。鎬刀身の日本刀は試し斬りや居合の上段者に好まれる一般的な造り。樋入り刀身に比べて衝撃に強く曲がりにくく、曲がっても治りやすい。※樋入り刀身は曲がりやすく、直しても同じ所でまた曲がりやすくなる。しかし、振...

(表)肥後大掾藤原下坂(裏)越前住

刀身に梅と竹の彫り物がある奇麗な刀。銘は「肥後大掾藤原下坂」「越前住」が彫られており、良く切れそうな刀身。肥後大掾藤原下坂は初代康継の銘で有名。康継とは、江戸新刀の繁慶、長曾根虎徹、康継で江戸三作と呼ばれる名工。1601年(慶長六...

樋に朱の入った刀。銘「濃州住藤原兼房」

樋入り刀身の刀ですが、樋に朱が入ってます。朱は宗教的な意味合いが強く、神社の鳥居等にも朱塗りが多いですよね。刀の樋に朱が入ってるのは「降魔」の意味合いがあるらしいです。素剣や護摩箸と同じ意味かと理解してます。人それぞれですが、私は...