緊急事態宣言延長で暇を持て余し、友人と手裏剣の練習を開始。

緊急事態宣言が延長され、道場もお休みでお店の方も暇なので友人であり、一緒に仕事をしている相棒と一緒に手裏剣を投げてストレス発散。
最近は巻藁や竹での試し斬り等の剣術ばかりやってたので、たまには毛色の違うものを
やろうと思いお店にあった「手裏剣」を持ち出し、破棄する予定だった畳に打ち込み。
的は畳だし、簡単に刺さってくれると思い軽い気持ちで投げてみたが、なかなか難しく、簡単には刺さらない。
しばらくやって棒手裏剣は刺さる様になってきたが、何故か他の手裏剣が刺さらない。
以前、刀鍛冶が作った手裏剣は凄く刺さりやすかったのに・・・
精進あるのみ。