居合練習刀「練武刀」  2尺3寸5分 商品番号:REA-006

価格:¥50000(税込)
商品名:練武刀 厚口刀身(茶)
商品番号:REA-006
納期:2~3か月程度
※お使いのモニターや端末によっては色が変わって見える場合が御座います。

居合練習刀「練武刀」2尺3寸5分(湾れ刃文仕様)

居合練習刀「練武刀」。こちらの商品はセミオーダー商品となります。
今回制作分の練武刀は刃長が2尺3寸5分(約71cm)で身長約170cm前後の方に扱いやすい長さかとおもいます。(あくまで目安となります。)
厚口刀身仕様で重量が約935g前後(鍔や柄長により変動)で体力のある方にお勧めの商品となります。
鞘は一般的に扱いやすいと言われる石目塗仕様(黒)で柄糸、下緒は丈夫な純綿の茶色でまとめました。
こちらの商品は大振りで重量感がありますので、より真剣の重さに近い居合刀を使いたい方や体力のある方に最適な商品です。
「練武刀」では刀身を2尺2寸~2尺4寸5分まで(厚口刀身は2尺6寸迄)お選び頂けます。
鍔は18種類の中から、縁金は「網代図」と「梅図」の2種類、刃文は基本刃文の「直刃」
「湾れ」「乱れ」「互の目」の4種類、鮫皮は「黒」と「白」の2種類、目貫は9種類の中から、鞘塗は「黒呂」「黒石目塗」「茶石目塗」の3種類、柄糸、下緒は10種類の中からお選び頂けますので、自分だけの居合練習刀を作成できます。
※「練武刀」カタログをご参照下さい。

ゆったりとした湾れ刃文。

刃長2尺3寸5分(約71cm)の刀身にゆったりとした湾れ刃文仕様。
樋は通常彫り。
刃長は操刀のしやすさを決定付け、樋は重量感と樋鳴り(風切音)のしやすさを調整する役割が御座います。

木瓜形花文透鍔。

今回は18種類の中から「木瓜形花文透鍔」を選び制作致しました。
鍔は重心と重量を調整する役割があり、見た目の装飾性にも変化を与えます。

丈夫な純綿(茶)の柄糸に黒仕上げの鮫皮。

黒鮫皮に丈夫な純綿(茶色)の柄巻きで落ち着いた雰囲気に仕上げました。
柄長は刃長2尺3寸5分(約71cm)に対して8寸5分とわずかに長め。
目貫は葉牡丹図。
柄糸、鮫皮は外観の印象を大きく決定付けます。
柄長は操刀のしやすさを大きく決定付けます。

網代図の縁金。

練武刀では「網代図」と「梅図」の2種類から縁金をお選び頂けます。
今回は人気の網代図で仕上げました。

扱いやすいと言われる石目塗(黒)の鞘。

練武刀では「黒呂塗」「黒石目塗」「茶石目塗」の3種類からお選び頂けます。
今回は一般的に扱いやすいと言われる石目塗の黒色で仕上げました。
下緒は柄糸と同じ純綿の茶色で仕上げました。


このページの商品番号は:REA-006 です。
ご注文の際はフォームの商品番号欄にご入力ください。

お問い合わせ・ご注文。

商品についてご質問などございましたらお気軽にお問い合わせください。
インターネットからのご注文ご希望の方は、ご注文専用フォームをご用意しています。

※インターネットからのご注文方法についての詳しい内容はこちらでご紹介しています。
> インターネットでのご注文の方法